画像

写真拡大 (全4枚)

 LINE社は、ライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」1年間の利用動向をまとめた「数字で見るLINE LIVEの2016年」を公開した。

 LINE社は、ライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」を開始した2015年12月10日から、2016年11月30日までの視聴者・配信者の利用動向をまとめた「数字で見るLINE LIVEの2016年」を公開した。

 2015年12月10日のサービス開始からLINE LIVEにおいて、送られたハートの総数は26億3,000万個を超え、送られたコメントの総数は4,500万以上と、多くのコミュニケーションが発生した。

 公式チャンネルと一般ユーザーのライブ配信の総配信時間は373,116,672秒(およそ11年303日間と11時間31分12秒※)で、そのうち一般ユーザーの配信時間は272,034,584秒を記録。一般ユーザーへの配信機能の開放は2016年8月だが、一般ユーザーのライブ配信時間は公式チャンネルの倍以上であることがわかった。なお、一般ユーザーの中で最も合計配信時間が長かった人の総配信時間は2,014,237秒(=23日間と7時間30分37秒)。

 さらに、「1分間に送られた最多ハート数」と「1分間に流れるコメント数」の2つの視点でランキングを集計したところ、ハート数では「三代目J Soul Brothers」のメンバーが出演した「ポッキー&プリッツの日 シェアハピイベント」が675,557個と、圧倒的な数のハートが送られていたことがわかった。コメント数では「ももいろクローバーZ」関連の番組がトップ5中、3つもランクインした。
左:ハート数ランキング、右:コメント数ランキング(クリックで拡大します)

 ちなみに、一般ユーザーの視聴/配信時間の推移を見ると、19時から視聴数が増え始め21時頃にピークを迎えて、日付が変わる頃になると落ち着く傾向にあるようだ。
一般ユーザーの視聴/配信時間

 ※総配信時間は24時間配信の番組は除く。また1年は365日として計算。

MarkeZine編集部[著]