1

By Colin Dunn

妊娠中のビタミンD欠乏症が胎内にいる子どもの自閉症スペクトラムの発症率に関連していることが、クイーンズ大学クイーンズ脳科学研究所(QBI)の研究で認められました。

Molecular Psychiatry - Gestational vitamin D deficiency and autism-related traits: the Generation R Study

http://www.nature.com/mp/journal/vaop/ncurrent/full/mp2016213a.html



QBI confirms vitamin D link to autism traits - Queensland Brain Institute - The University of Queensland, Australia

http://www.qbi.uq.edu.au/news/qbi-confirms-vitamin-d-link-autism-traits

妊娠20週目の妊婦のビタミンDレベルが低い状態にあると、生まれてくる子どもが6歳になったときに、自閉症になる可能性が高いという研究結果が、QBIの研究者であるジョン・マクグラス教授と、オランダのエラスムス医療センターのHenning Tiemeier博士を含む研究チームによって発表されました。マクグラス教授は「妊娠中の葉酸の摂取が胎児の脊椎披裂の発生率を低下させるように、妊娠中にビタミンDサプリを摂取することは、自閉症の発生率を低下させる可能性を示唆しています」と話しています。

今回の研究は約4200人分の妊婦の血液サンプルを調査して行われたもので、公衆衛生の観点からも重要な意味合いを持つと考えられています。ビタミンDは骨を強くする作用を持つことが知られていますが、脳の成長にも影響する可能性があるわけです。ビタミンDは太陽光を浴びることでも得ることができますが、食品やサプリから摂取することも可能。マクグラス教授は「妊婦が日光に当たりすぎるのは皮膚がんのリスクがあるため推奨しませんが、安価で入手しやすいビタミンDサプリメントで自閉症の発症率を予防できるかもしれません」と話しています。



By Colin Dunn