川内の脅威の粘りの秘密は?(陸連HPより)

写真拡大

 12月4日の福岡国際マラソンで、“最強の市民ランナー”川内優輝(29)が日本人トップ(全体3位)の2時間9分11秒でゴール。来年のロンドン世界陸上への切符を大きく手繰り寄せた。スポーツ紙記者がいう。

「今回の結果には本人も『奇跡だ』と漏らしていた。というのも、11月に右ふくらはぎを故障し、今月2日には左足首を捻挫。最悪のコンディションだったのです。最後は左足の感覚を失いながら2時間10分を切った粘りは驚異的というしかない」

 この激走のルーツには母・美加さん(52)のスパルタ練習があると証言するのは、川内家三男でやはり陸上長距離選手の川内鴻輝(24、モンテローザ所属)だ。

「母が課す練習は、もはや一種の“虐待”でした(苦笑い)。それを最も忠実にこなしたのが長兄の優輝でした。小学1年生の頃から、毎日1500mなどの『タイムトライアル』がある。自己記録更新ができないと罰ゲームでもう1本。2本目以降は別の設定タイムを切るまで繰り返し、そのうちゴールに母親がいなくなる。自宅までの道のり約5kmを走って帰ってこいということです。“巨人の星、陸上版”でした(笑い)」

 美加さんは高校時代に陸上中距離の経験があり、“熱心な指導”につながったという。今回の激走はどう映ったか、直撃した。

「レース前に故障の話は聞いていたので、全く予期しない結果でした。幼少期のスパルタの影響? それはないでしょう。むしろ優輝は中学で陸上部に入ってから走るのが楽しくなったようで、好きなことだから挑戦し続けられるんでしょう」

 その挑戦はいつまで続くのか。川内はロンドンを“一つの区切り”にすると明言している。一方で、何度か代表引退を口にしながら、今まで第一線で走り続けてきた経緯もある。美加さんはこういう。

「代表は本当にロンドンを最後にするつもりでしょう。福岡のレース前、練習相手の弟に“ロンドンに出られないなら同時期にあるニューカレドニアのレースを楽しみたい”と話していました。代表と関係なく自由に走るのも楽しい。そんなふうに吹っ切れて開き直ったことが今回の結果につながったのかもしれませんね」

“根性のラストラン”は、どんな走りになるのか。

※週刊ポスト2016年12月23日号