大谷翔平に影響も?大リーグ機構が新労使協定を発表

ざっくり言うと

  • 大リーグ機構は14日、新労使協定がメジャー30球団に正式承認されたと発表
  • 新労使協定では、25歳未満の外国人選手の契約金が制限される
  • これにより、現在22歳の大谷翔平への影響が懸念されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング