名古屋を退団したMFイ・スンヒが浦項スティーラースと1年契約

写真拡大

▽Kリーグ・クラシックの浦項スティーラースは15日、名古屋グランパスを退団した韓国人MFイ・スンヒ(28)の完全移籍加入を発表した。契約期間は1年間。

▽イ・スンヒは、タイのスパンブリーから今シーズン名古屋に加入。ボランチの位置でレギュラーとしてプレーし、明治安田生命J1リーグで29試合に出場し1得点を記録。しかし、名古屋はクラブ史上初のJ2降格が決定し、イ・スンヒも契約満了で退団が発表されていた。

▽全南ドラゴンズで2010年にプロデビューを果たしたイ・スンヒは、2012年に済州ユナイテッドへ期限付き移籍。2015年からスパンブリーでプレーしていた。Kリーグ通算130試合出場し1得点。イ・スンヒはクラブを通じてコメントしている。

「いつの日かKリーグに戻って来ると思っていましたが、そのチームが浦項になってとても光栄です。期待に応える選手になりたいです」

「浦項の目標を達成するのに貢献できるように頑張ります。最善を尽くす選手になりたいです」