12月31日(土)に放送される「史上最大の限界バトル KYOKUGEN2016」(TBS系)に錦織圭、石川遼、松山英樹の3選手が緊急参戦! 総合MC・ビートたけしも対決の現場に駆けつける/(C)TBS

写真拡大

12月31日(土)にTBS系で放送される「史上最大の限界バトル KYOKUGEN2016」(夜6:00-11:35)に、錦織圭選手、石川遼選手、松山英樹選手が緊急参戦することが発表された。

【写真を見る】FCバルセロナの“MSN”ことメッシ&スアレス&ネイマールが同一番組に出演するのは世界初! /(C)TBS

番組では、MC・ビートたけし、爆笑問題の元、一流アスリートたちによる“極限バトル”の模様を放送。これまでに、ボクシング3階級王者・井岡一翔選手のWBA世界フライ級王座統一戦や、元K-1王者・魔裟斗選手と元PRIDE王者・五味隆典選手のメガマッチ、名門ヤンキースとドジャースの同い年・田中将大投手と前田健太投手の対決。

そして、サッカー界を席巻する通称“MSN”ことFCバルセロナのリオネル・メッシ選手、ルイス・スアレス選手、ネイマール・ジュニオール選手と日本サッカーのスーパースターたちとの夢の対決など、豪華なマッチアップが発表されてきたが、今回新たにテニス界、ゴルフ界の一流アスリートの参戦も決まった。

リオオリンピック・テニス男子シングルスで日本勢として96年ぶりのメダルを獲得し、世界ランキング5位にランクインしている錦織選手は今回が初参戦。テニス経験者なら誰もがやったことがあるといえる“壁当て”を極限まで進化させた、「チャレンジ・ウォールショット」に挑戦する。

目の前にそびえる巨大な壁が用意され、壁当てを始めた途端に時間の経過とともに小さく、細くなっていく難競技に、錦織選手は「これは、いい練習になりますね! パーフェクトを狙います!」と気合十分。そして、挑戦後には「ツアーファイナルと同じくらい手に汗をかきました!」と語った。

さらに、ゴルフ界からは石川選手と松山選手が参戦。ことし11月に行われた「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」で日本代表としてタッグを組み、強豪国がひしめき合う中、6位の好成績を収めた2人が、番組では直接対決に挑む。

2人が対決するチャレンジは、50ヤード・80ヤード・100ヤード・130ヤード・150ヤードに置かれた直径2メートルの箱にボールを入れていくというもの。

松山選手は「風が出てくると縦横の距離感が難しくなります。まずは、縦の方向性を整えるのが大事ですね」と分析。一方、石川選手は「納得のいくショットを打っても入らないことが続いちゃうと、メンタル的にやられてしまう」と話し、プロの2人でも難しいチャレンジになったようだ。

さらに、2人の対決現場には総合MC・ビートたけしが登場。たけしのある一言で新たなる展開が待ち受ける。

一流アスリートたちによる熱き一夜限りの戦いの結末をその目で見届けよう。