おぎやはぎ・小木博明

写真拡大

15日放送の「ミュージック・ポートレイト」(NHK Eテレ)で、歌手の森山直太朗が、代表曲「さくら」のミュージックビデオ出演を、意外な人物に依頼していたことを明かした。

番組では「設楽統×森山直太朗 第2夜」と題して、森山とバナナマンの設楽統が「大切な音楽10曲」にまつわるエピソードを披露した。

その中で、設楽は森山との出会いは、「さくら」がヒットした後だと明かす。さらに設楽は「後に聞いたんだけどさ、『さくら』のMV(ミュージックビデオ)みたいなの作るのにさ『おぎやはぎとバナナマンに出てもらいたい』って言った?」と、森山に尋ねたのだ。

森山が「言った言った」と即答すると、設楽は「やっぱ言ったよね」「でも、そのときってさ、オレらやらなかったじゃん」と、森山からの出演オファーに応じなかったことを語った。

しかし、森山は「今考えると、本当にあれで良かったなと思いますけど」とぶっちゃけて、笑いを誘った。そんな森山だが、当時について「小木(博明)の時点で、ストップされたんですよ」と、今や森山の義兄でもある小木に、オファーを断られていたことを振り返った。

すると、設楽も「小木さん言ってた!『そんな知らねえお前みたいなのは出れねえよ』って言ったんでしょ?」「よくもまぁ、言うよね」と、まったく相手にせず断っていたことを、本人から聞いたことがあると明かす。

森山は「正確に言うと『ヤダよ! こんなダセえ曲!』って」と暴言を吐かれていたことを暴露し、再び笑いを誘った。大ウケする設楽だったが「スゴいよね!小木さんて」と、小木の容赦ない対応に驚きの声をあげていた。

【関連記事】
森山直太朗 おぎやはぎ・小木博明に紹介された女芸人「本当に魅力的な人ですよ」
森山直太朗 楽曲「生きてることが辛いなら」 を巡る「自殺助長」騒動を語る
森山直太朗が義理の兄・小木博明への怒りを告白