French former Prime minister and candidate in the Les Republicains party primary ahead of the presidential election Alain Juppe delivers a speech during a campaign meeting, on October 19, 2016 in Rennes, western France. (c)


 先月、とある禅の道場に1週間こもり、禅の修行をさせていただいた。

 私は公認会計士・税理士・心理カウンセラーとして数字と人の心を扱う経営コンサルティングを業としているが、この修行の経験は経営やリーダーの育成を考えるうえで非常に興味深いものであった。

 以下は私の個人的な体験談や私見であって、一般論として禅について何かを語る意図ではないことをあらかじめご了解いただきたい。

 修行は老師のご指導のもと、朝5時から夜の10時まで禅堂で座り、雑念を排除して、ただ「今」に集中するというものである。

 雑念を排除するためには、五感で感じていることに強く意識を集中する。

雑念を排除するより五感に集中

 視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚のいずれかで感じていることに強く意識を向けて集中した状態になると、ほかのことを考えることはできなくなる。

 つまり、雑念を排除して無の状態になろうとするよりも、五感で感じていることに強く意識を向ける方が雑念を排除しやすい。

 そのため、雑念が入ってこない状態を維持すべく、今この瞬間に五感で感じていることに意識を集中し続ける。

 静かな禅堂で、白い壁に向かって座るため、普段なら刺激にあふれている視覚と聴覚にはほとんど刺激が入ってこなくなる。感じられる刺激は呼吸によって胸や腹が動く感覚と、鼻から空気が出たり入ったりする感覚。

 そして、あぐらをかいて座っている足腰の感覚のみである。そのため、呼吸に意識を向け集中することで、「今」に集中する。

 この状態で朝5時から夜10時まで、食事の時間を除いた約15時間を過ごす。これが1週間続いた。

 これまで仕事でも勉強でもスポーツでも、それなりにハードな状況に耐えてきたため、ある程度のことには耐えられる自信があった。

 しかし、そういったハードさに耐えるということは強い刺激に耐えるということであり、刺激のないことに耐えるというこの修行は質の違う過酷さがあった。

 修行開始から3日目くらいまでは雑念との戦いとなる。雑念が出たら呼吸に意識を向け集中することで、雑念を消していく。これを繰り返すことで雑念への対処のコツが分かっていく。

 興味深いのは、そうやって雑念を排除し続けていくと、湧いてくる雑念の内容が次第に刺激の強いものに変化していくことである。

 初日は直近の仕事のことや来週のスケジュール、最近会った人のことなど、比較的身近なことが雑念として出てくる。

 2日目は過去にあった仕事でのトラブル、独立した頃の不安と苦悩、強く印象に残っている人のことなど、なかなか頭から離れないことが雑念として出るようになる。

 そして、3日目にはトラウマになりそうなほどにつらかった幼少期の思い出や、学生時代の恋愛の思い出など、遠い昔の記憶の中で刺激の強いものが雑念として押し寄せるようになる。

次々に湧き出すアイデアに悩まされる

 加えて、私を苦しめた雑念がビジネスの良いアイディアである。

 普段は思いつかないような優れたアイディアが不思議と出てくる。とはいえこれも雑念であるため消さなければと思うのだが、消すにはあまりにもったいない。

 実に巧妙な雑念の出し方である。修行を始める前に老師から「3日目あたりに地獄が来るから、よくよく我慢してくだされよ」とお話しがあったが、その言葉の意味が分かった。

 このように、湧いてくる雑念を無視し続けると、脳は「無視するな!」と言わんばかりに雑念の刺激を強め、そして気になるような雑念を巧妙に出してくる。こういった雑念の出方を観察していると、何らかの意図を感じる。

 そうすることで存在を主張する「誰か」が頭の中にいることを感じたとも言える。

 少し話はそれるが、雑念を排除し、「今」に集中することを続けていると、頭の中の血管がびくびく動くのが分かる。特に、右の側頭部とおでこのあたりがそうなった。おそらく脳の血流が上がり、その部分が活性化しているのではないかと思う。

 そして、4日目の夕方頃になると、雑念を出してくるその「誰か」はもう諦めたのか、次第に雑念が出て来なくなり、頭の中に静寂が訪れるようになる。

 禅堂の静寂さと頭の中の静寂さとがシンクロすると、かつて味わったことのないような静寂さを感じた。ただ呼吸をしているだけの自分がいる。それ以外は何もない。

 そういった状態になると時間があっという間に過ぎていき、残りの3日間はより集中した状態で禅をすることができた。こうして1週間の禅の修行を終えた。

 この修行を通じて多くの学びや気づきをいただいたが、その中でも次の3つは特筆すべきものだった。

 1つ目は、「今」に集中する、五感で感じていることに集中することを長時間続けていると、心と体の一体感が感じられ、心と体がしっくりくる感覚がするようになったことである。これもこれまで味わったことのない感覚である。

 この感覚に意識を向けると、心がすっと落ち着いた状態になる。肉体と精神が一体となって物事に集中している状態を仏教の言葉で「身心一如」という。

 数日の禅修行で身心一如の感覚を感じたなどと言うことは大変おこがましいことかもしれないが、私なりにその言葉の意味が少し分かったような気がした。この感覚は修業が終わって数週間経った今でもはっきりと残っている。

 2つ目は、禅が人間関係に与える影響についてである。

嫌いな人がいなくなった

 この修行中に何人かの門下生の方とお話しする機会があった。「禅を始めて何か変化はありましたか?」

 そう尋ねると、異口同音に「嫌いな人がいなくなった」「人間関係が楽になった」と答えておられた。

 「会うだけでじんましんが出るほどに嫌いな人が何人かいましたが、今はそういう人と会ってもそういう個性の人だと思うだけで、好きとか嫌いとかという感情があまり湧かなくなりました」

 禅を始めて3年になるその方はそんな話をしてくださった。「今」に集中することができるようになると、あの人が好きとか嫌いとか思うことも雑念であることが分かるようになる。

 そんな雑念に捉われるよりも、「今」に集中することを優先するようになる。「今」に集中するということは、1つのことに我を忘れるほどに没頭するということでもある。

 仕事をしている時には仕事に没頭する、食事をしている時には味わうことに没頭する、誰かと話している時にはその相手との会話に没頭する。

 このように今やっていることに雑念を挟まずに集中し続けていれば、今、目の前のこと以外のことはあまり気にならなくなる。そのため、あの人が好きとか嫌いとかいうこともあまり気にならなくなるというのだ。

 私は1週間程度の修行をしたに過ぎないので、まだまだこの領域に達してはいないが、何となくその感覚は分かる気がする。

 そして、3つ目は、雑念をコントロールする感覚である。

 この修行をする前は雑念が出ていてもそれを「雑念」と捉えることなく、そちらに思考を巡らせ、時に振り回されていた。しかし、雑念が出たら消すということを繰り返していると、雑念を「雑念」と捉えられるようになる。

 そして「今」に集中することで、その雑念を消すことができるようになる。さらに、雑念自体の重要性が自分の中で低下していくため、雑念に振り回されることも少なくなっていくのではないかと感じている。

 雑念の中でも特に手強いのが不安や後悔である。

 不安は未来に、後悔は過去に思考を巡らすことであり、「今」を離れることである。そのため、「今」に強く集中することができれば、不安も後悔もある程度は排除できるようになる。

 以上、3つのことについて書かせていただいたが、その他にも多くの気づきが得られた。

 経営者やリーダーという立場にある人間は様々なリスクを抱えるがゆえに大きな不安に苛まれ、また、組織を牽引するうえでは様々な人間関係に悩むことも多い。

冷静な意思決定のために

 そういった状況にありながらも、冷静な意思決定をしなければならない。そのためには不安や悩みに振り回されることのない軸のある精神を備えることが求められる。

 そういった精神を鍛えられるのが禅だと老師は話される。政治の世界でも、安倍晋三総理や中曽根康弘元総理が禅寺に通っていたのは有名な話である。

 私も1週間という短い期間ではあるが、禅を経験させていただき、先に書いた気づきや学びからも、継続的に取り組むのであれば、禅は経営者やリーダーの育成に高い効果を発揮するのではないかと感じた。

 禅の最終日、老師からこんな言葉をいただいた。

 「普段の生活に戻ってからが本当の修行ですよ」

 静かな環境の中で心の静寂を保つよりも、街中の喧騒の中で心の静寂を保つ方がずっと難しい。ゆえに、普段の生活に戻ってからが本当の修行となる。

 その言葉を肝に銘じ、普段の生活に戻ってからも「今」に集中し、雑念を排除して、心の静寂を保つよう心掛けている。

 ここに書かせていただいたことはあくまで私の体験談であり、禅について私が何かを語れる立場にあるわけではない。ただ、組織の経営や人の育成に携わる者として、大きな可能性を感じた禅の修行であった。

筆者:藤田 耕司