「真白の恋」の一場面 (C)sagan pictures

写真拡大

 第4回なら国際映画祭のインターナショナルコンペティション部門で観客賞を受賞した「真白の恋」が、2017年2月11日に富山先行公開、2月25日から全国公開されることが決定した。

 “日本のベニス”とうたわれるほどの絶景が広がる富山県射水市を舞台にした本作は、初めて恋をした軽度の知的障がいのある女性・真白と家族の姿を、全編富山ロケで描く。メガホンをとったのは、呉美保、富樫森ら気鋭の監督のもとで助監督を務めてきた坂本欣弘監督。テレビドラマ「女くどき飯」「たべるダケ」などの脚本家・北川亜矢子が、軽度の知的障がいのある実弟との経験を反映させた物語を紡いでいる。

 ピュアな心を持つヒロイン・真白を演じるのは、 演劇ユニット「ポツドール」の「愛の渦」フランス公演など、舞台を中心に活躍し、本作で映画初主演を飾る佐藤みゆき。シンガポールを拠点に活躍する福地祐介が、真白の初恋相手のカメラマン・油井景一に扮するほか、岩井堂聖子、及川奈央、長谷川初範ら実力派キャストが脇を固める。

 公開された場面写真では、美しい雪景色の中、カラフルな衣服をまとった真白がひとり佇む様子や、景一にカメラの使い方を教わる場面を切り取っている。無邪気にカメラを構える真白と笑顔を見せる景一の2ショットは、撮影前日に奇跡的に雪が降り積もったことで実現した印象的なシーンだ。

 また、12月5日にブログで結婚を発表した及川が、本作で自身初となる白無垢姿を披露。劇中では真白の兄と結婚する美咲を演じており、美しい白無垢姿で穏やかな笑顔を浮かべるシーンを写している。

 「真白の恋」の公式HP(http://mashironokoi.com/)では、特報と予告編が公開中。17年2月11日に富山先行公開、2月25日から東京・アップリンク渋谷ほかで全国順次公開。