スポーツ観戦をする女性を増やすためのトークイベント「GIRLS TALK #crazy about sports」

写真拡大

 ここ数年、野球、相撲、バスケットボール、バレーボールなど、スポーツ観戦が趣味という女性が増えてきた。運営側も女性の心を掴み集客を増やそうと、多種多様なサービス展開を行っている。

 そんななか、「女性のパワーでスポーツを盛り上げよう!」という合言葉を掲げ、スポーツ観戦をする女性をさらに増やしていくことを目的とした『スポーツ観戦女子プロジェクト』が11月に発足した。

 プロジェクトメンバーは早速、スポーツ観戦をする女性を増やすためのトークイベント「GIRLS TALK #crazy about sports」を開催。着実に女性ファンを増やしているジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)広報の経沢希志子さん、プロ野球パシフィック・リーグクライマックスシリーズで野球女子向けイベントを開催した資生堂ジャパンの谷川有加さん、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)を愛する女子サポーター団体「Jユニ女子会」代表の木下紗安佳さんの3名をゲストに迎え、スポーツ観戦をより身近に、そして同じ趣味を持つ女性をもっと増やすためにはどのような取り組みを行っていくべきなのかディスカッションを行った。20〜30代の男女45名が来場し、大盛況だったイベントの様子をお届けする。

●女性がスポーツ観戦にハマるきっかけ

 谷川さんは「野球中継のために見たいテレビ番組が中止になることが多く、どちらかといえば野球は嫌いだった」と、 野球にいいイメージを抱いてはいなかったという。しかし、仕事を通して実際にスタジアムで見た北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の全力プレーに魅了され、スポーツ観戦女子の道に足を踏み入れた。谷川さんのように、きっかけが仕事という人は少数派だろう。

 まったく興味のない人を引き込むためには、話題性のあるイベントやスター選手という「誘うためのひとネタ」が必要になる。実際に女性がひとり観戦をすることはまだハードルが高く、初めてのスポーツ観戦は家族、友人、恋人に誘われて行くことが多い。遊び場や女子会感覚で来られる場所づくりが、女性を呼び込むためのスタート地点だと感じる。

 スポーツ観戦グッズも女性が食いつきやすいアイテムだ。近年は人気ブランドとのコラボレーショングッズや、主張しすぎない小物、バッグなどもあり女性から評価されている。その一方で、「ファン歴が長いと、いつも同じグッズばかりでは買う気が起きない」「Tシャツやタオルは飽和状態」「ピンクだったらいいってもんじゃない」と、ベテラン観戦女性からは辛辣な意見も飛び出した。女性といえばピンク、というイメージを強く持っている“オジさん”への厳しい提言だ。

 選手とのハイタッチや握手会といった触れ合い型イベントは人気がある。また、試合をしていたグラウンドやアリーナに入れる体験型イベントも「選手の目線になれる」と好評だ。

 体験型イベントの一例が、資生堂ジャパンの「野球とメイク」のコラボだ。クライマックスシリーズ中、資生堂化粧品を使いマスコットと同じアイラインを引き、野球観戦してもらうというもの。ただサンプリングをして終わるのではなく、体験してもらうことで展開した女性ならではのイベントは、初めて野球観戦に来た女性も楽しむことができ、大成功だった。

 すでに観戦が趣味であるベテラン観戦者からは、「スポーツからかけ離れた、その場限りのイベントはちょっと鬱陶しい」という意見も出た。数々のスタジアムに足を運ぶ木下さんは、「席を取るために並んでいて、実は待機時間のほうが長い。何時にどこでイベントをやっているのかを、もう少しわかりやすく教えてもらえると計画を立てやすい。こんなイベントやっていたのか、と後から知るのは残念」という要望もあった。

●SNSで女性のハートをつかめ!

 イベント以外ではソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、特にインスタグラムは女性から圧倒的な人気を誇る。木下さんをはじめとしたJユニ女子会メンバーは、選手のインスタから情報を得てオフショットを見て楽しんでいるという。オススメは槙野智章(浦和レッドダイヤモンズ)のインスタだ。Jユニ女子の間ではダントツ人気だそうだ。

 Bリーグは「メディアで取り上げられることがまだ少ない分、自分たちで発信するためSNSを積極的に活用している」と経沢さんは言う。インスタの公式アカウントは開設以降、約1年間でフォロワー数が約26万人にまで増加。選手写真ばかりではなく、観戦に訪れる女性の写真や応援グッズ、ご当地グルメなど幅広く掲載している。

 インスタ以外でも、試合を観戦したくなるような予告動画をYouTubeにアップするなど、SNSを駆使し多方面へのアプローチを続けている。視覚から雰囲気を感じ取り観戦しているイメージがつきやすいことが、集客アップの一部要因となっているようだ。

 視覚で雰囲気を感じ取れれば、気軽に観戦に行けるかもしれない。応援席でユニフォームを着て、声を張り上げて飛んだり跳ねたり一生懸命応援している自分を想像することができるか。

 そのために、天候対策、食事、スタジアムの場所、トイレの清潔さなど、女性が気になることは山のようにある。スタジアムやアリーナへ行くときに必要な情報が何もなければ、行ってみようという気にはならないだろう。「行ってみたい」という気持ちを後押しするためのツールを発信できるかどうか。スポーツ観戦をする女性が増えるためには、想像力をかき立てることが大切な要素といえそうだ。

 筆者も年間約70試合プロ野球を観戦する“ベテラン”だが、忘れかけていた「初めて観戦に行ったときに感じたこと」を思い出した。スポーツ観戦の現場にもっと女性が増え、それが当たり前の光景となるように、女性ならではの視点・要望を多くのスポーツ現場に感じとってほしいと思う。
(文=唐沢 彩野/Sportswriters Cafe)