『ムーンライト』ポスター

写真拡大

 第5回ボストン・オンライン映画批評家協会賞が発表され、貧困地域に生まれ、ドラッグ、いじめ、虐待などさまざまな問題に傷つきながらも力強く生きる少年の人生を描き出した映画『ムーンライト』が作品賞を受賞した。

 主演男優賞は賞レースを総なめしているケイシー・アフレックが再び受賞している。ボストン・オンライン映画批評家協会は受賞者のほかに2016年のトップ10映画も同時に発表。アメリカ映画協会(AFI)が発表したトップ10と比較するのも面白いだろう。

 主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞
『ムーンライト』

■主演男優賞
ケイシー・アフレック 『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題) / Manchester by the Sea』

■主演女優賞
イザベル・ユペール 『エル(原題)/ Elle』

■監督賞
デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』

■脚本賞
ケネス・ロナーガン 『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』

■長編アニメ賞
『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス(原題) / Kubo and the Two Strings』

2016年ベスト映画トップ10
1. 『ムーンライト』
2. 『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
3. 『ラ・ラ・ランド』
4. 『パターソン(原題)/ Paterson』
5. 『最後の追跡』
6. 『グリーンルーム』
7. 『沈黙 -サイレンス-』
8. 『サーテン・ウイメン(原題)/ Certain Women』
9. 『お嬢さん』
10.『エル(原題)』