13日、報道の自由の擁護を目的とする国際組織、国境なき記者団とジャーナリスト保護委員会は、当局などによって拘束・投獄されている世界各地のジャーナリストに関する最新の報告書を発表、2年連続で最多だった中国はトルコに次ぐ2番目となった。資料写真。

写真拡大

2016年12月13日、報道の自由の擁護を目的とする国際組織、国境なき記者団(RSF、本部パリ)とジャーナリスト保護委員会(CPJ、同ニューヨーク)は、当局などによって拘束・投獄されている世界各地のジャーナリストに関する最新の報告書を発表、2015年まで2年連続で最多だった中国はトルコに次ぐ2番目となった。仏RFIの中国語ニュースサイトが伝えた。

RSFによると、世界各地で拘束されているジャーナリストやブロガーは現時点で348人に上り、昨年から6%増えた。最多は7月にクーデター未遂があったトルコで、100人以上が刑務所に収容されている。トルコ以外では、中国、イラン、エジプトの3カ国で、投獄されているジャーナリスト全体の3分の2以上を占めている。

CPJも13日、当局によって投獄されている世界各地のジャーナリストは259人に上り、最多はトルコの81人だと発表した。RSFの数字より少ないのは「統計の対象は当局によって投獄されている人数だけだ」としている。トルコに次いで多かったのは、中国、エジプト、エリトリア、エチオピアの順。イランは2008年以降で初めてワースト5に入らなかった。(翻訳・編集/柳川)