完成披露試写会に出席した
水川あさみとタナダユキ監督

写真拡大

 女優の水川あさみが12月15日、都内で行われた、主演するAmazonオリジナルドラマ「東京女子図鑑」の完成披露試写会に、メガホンをとったタナダユキ監督とともに出席した。

 ドラマは、東京カレンダーWEBに連載され、書籍化された同名コラムを実写化したもの。恵比寿や銀座でロケを行い、ドラマを通じて東京のリアルな情景を伝える内容となっており、水川が秋田から上京して成長していく主人公・綾の20〜40代を演じる。

 クリスマスの予定を聞かれた水川は、「今のところ予定はないです。どうしようかな?」。今作の編集作業をするというタナダ監督に「編集に来ればいいよ!」と誘われたが、「まったり家の猫とデートします(笑)」と愛猫ニコとの時間を希望していた。

 撮影はタイトなスケジュールで行われたといい、タナダ監督は「大変苦労をおかけしました。1日のなかでこの時は何歳、この時は何歳とか(年齢を変えた)。本当にどれだけ助かったか」と水川に感謝。また、「街によって水川さんの顔が違う。もちろんメイクや衣装の工夫もあるけれども、本人の演技力がなければ、着せられたリ、ただメイクされているようになってしまう。いま恵比寿の編集をしていて、“えびす顔”になっている」と女優としての資質を評価した。

 また、大阪出身で綾と同様に上京した水川は、東京に来て驚いたことを聞かれると「道で大きく転んで、人が多いところの真んなかだったのに誰も何も言ってくれなかった。(人が)私をすり抜けて通っていく感じをすごく覚えています。恥ずかしかったけれど、それよりもちょっと寂しい気持ちになった」としんみり。もし故郷の大阪であれば、人が「すぐ飛んでくる」といい、「知らない人でも親戚みたいな感じで話しかけてくる(笑)」と懐かしそうにほほ笑んでいた。

 そんなエピソードを聞いていたタナダ監督は「地方から出てきた女の人が、ひとりで東京で生きていくのはやっぱり簡単なことではない。綾ってツッコミどころもたくさんあるんだけれど、なんだかんだえらいよねと思いました」と強く生きる綾に感心。水川も「綾は思うがままに直感的に生きている女性」「それを面白おかしく、時には腹を立ててもいいですから、寄り添いながら見て頂けたら」とアピールしていた。

Amazonオリジナルドラマ「東京女子図鑑」(全11話)は、12月16日からAmazonプライム・ビデオで配信開始。