TBSで毎週金曜よる10時から放送中の菅野美穂主演の金曜ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』が全ての撮影を終え、オールアップを迎えました。

 

■「砂の塔」感動のオールアップ!キャスト三人がコメント


(c)TBS

最後のシーンは、菅野さん演じる主人公・亜紀たちが劇中で住む、象徴的なタワーマンションの前で撮影。

最終話終盤の感動的なシーンで、キャスト陣の迫真の演技に涙するスタッフも多かったのだとか。

撮影最終日に参加していたのは、主演の菅野美穂さんと、長男役の佐野勇斗さん、そして、“最凶の隣人”を演じた松嶋菜々子さんの三人。連続ドラマ初挑戦の佐野勇斗さんは、「二人の母親」とのシーンを見事に演じきり、オールアップとなりました。

最後のカットのチェックが終わり、スタッフから全ての撮影を終えたことが告げられると、キャスト三人はプロデューサーや、監督からそれぞれ花束を受け取り、三ヶ月間の撮影を感慨深く振り返りました。

高野亜紀役の菅野美穂さんのコメント

今回、松嶋菜々子さんとお仕事をさせていただくということで、こんな機会をあたえていただきありがとうございました。松嶋さんと共演できたことに感謝しています。

まだまだ子どもに手がかかる時期で、でもこんな機会はないなと思って出演させて頂いたのですが、毎日現場に行く前に白目むくくらい(笑)、慣れるのに大変だなと思ったこともありました。

それでも現場に行くと、台本を読んでいた以上に、美術さんの飾りも完璧だったり、みなさんから本当に元気をもらっていました。台本を読んで感動して、スタッフの皆さんのがんばりに感動して、演者さんたちのお芝居に感動して、仕上げでも感動させてもらって、本当ににこんな現場は、なかなかないなって心から思いました。

本当にありがとうございました。この組でやらせて頂けて、本当に良かったです。ありがとうございました!

高野和樹役の佐野勇斗さんのコメント

いやー、もうホントに……。クランクインから3ヶ月経つのですが、最初は何もわからないままクランクインして、皆さんに支えられて、なんとかここまでこられました。

本当に、大好きな皆さんとここまで、最後までこられてすごく幸せです。皆さん、たくさんご迷惑をおかけしましたが、本当にありがとうございました!

以上、高野和樹役、佐野勇斗でした! ありがとうございました!

佐々木弓子役の松嶋菜々子のコメント

本当にみなさん3ヶ月間お疲れ様でした。この作品は、かなり前からお話をいただいてすごく楽しみに撮影に入った作品でした。

内容も面白く、私もいち視聴者として見させていただいてました。TBSの連続ドラマは、本当に久しぶりだったのですが、みなさんとまたお仕事できて嬉しかったです。ありがとうございました!

 

■注目の最終話のあらすじは?

各所で「犯人は誰!? 」と話題の金曜ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』の最終話。

「ハーメルンの犯人を見た」と亜紀に言い残し、突如姿を消した和樹。健一は、和樹を手放さざるを得なくなった弓子が強硬手段に出て、連れ去ったのではと焦ります。

そんな矢先、彼らが住むマンションで、黄色いカーネーションが発見され……!?

さらわれたのは和樹なのか、それとも別の子どもなのか。住民たちに緊張が走る中、生方は犯人らしき人物と遭遇。揉み合う中、生方を襲う刃がきらめき……。

一方、犯人の手掛かりを掴んだ刑事・荒又と津久井は山梨県へ急行!

しかし辿りついたのは誰も住んでいない廃村。何故こんな場所に犯人が--? いぶかる彼らを森の中から狙う、怪しい目線が……。

あらたなる謎に振り回される刑事達はそこで、悲劇と愛に満ちた衝撃の事実を目撃します。

いよいよ明かされる衝撃の結末、誰も予想できなかった連続誘拐事件の真相とは……?

衝撃の最終話は、明日22時より放送です。

 

また、明日16日は情報番組に菅野美穂さん・佐野勇斗さんが登場し、放送直前まで盛り上げます!

あさ5時25分から、『あさチャン!』に菅野美穂さん、佐野勇斗さんが生出演。

あさ8時00分から、『白熱ライブ ビビット』に菅野美穂さんが生出演。

あさ10時25分から、『ひるおび!』に菅野美穂さん、佐野勇斗さんが生出演します。お見逃しなく。

※ 放送内容は番組の都合・報道のため急遽変更・中止されることがあります。

※ 一部放送されない地域もございます。詳しくはお住まいの地域番組表をご確認ください

【関連記事】

※ Instagram日本の総フォロワー数第1位の渡辺直美、インスタ人気の秘訣を伝授

※ 吉岡里帆がおすすめする、クリスマスファッション

※ 坂口健太郎の「呼び捨て」に観客大興奮!熱愛質問には無言で笑顔

※近藤千尋、レトロなワンピース姿で登場!母になる喜びを語る

※ 松田翔太が誘う、月の世界!「鳥肌モノ」と自画自賛