パトリック・ウィルソン

写真拡大

DCエクステンデッドユニバース第7弾『Aquaman(原題)』に、米FXの大人気アンソロジー『FARGO/ファーゴ』シーズン2でルー・ソルヴァーソン役を演じたパトリック・ウィルソンが出演することが分かった。米Varietyが報じている。

本作の主人公アクアマンは水陸両生で、水生生物とテレパシーで会話ができるパワーを持つスーパーヒーロー。大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でカール・ドロゴを演じたジェイソン・モモアがこの役を演じることがすでに発表されている。また、ジョニー・デップとの泥沼離婚劇が記憶に新しいアンバー・ハードがアクアマンの恋人メラ役で出演する。

監督はジェームズ・ワン(『ソウ』)、製作総指揮は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』や『スーサイド・スクワッド』など、DC映画を手掛けているザック&デボラ・スナイダー夫妻と、ワン監督の『死霊館』を製作したロブ・コーワン。

新しく発表されたキャスティングについて正式なコメントは出ていないが、パトリックはアクアマンの異母兄弟でアトランティスの王権を巡るライバルとなるオームことオーシャン・マスター役になるとのこと。パトリックは、ワン監督がメガホンを取った『死霊館』シリーズや、『インシディアス』シリーズにも出演していた。

『Aquaman』は、2018年10月5日に全米で公開予定。(海外ドラマNAVI)