ルビー・ローズ

写真拡大

Netflixの人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』でステラ役を演じたルビー・ローズが、大ヒットコメディ・ミュージカル映画『ピッチ・パーフェクト』の第三作目に出演することが分かった。米Varietyが報じている。

シリーズ3作目には主演のアナ・ケンドリックをはじめ、ファット・エイミー役のレベル・ウィルソン、クロエ役のブリタニー・スノウ、エミリー役のヘイリー・スタインフェルド、オーブリー役のアンナ・キャンプらが続投することもすでに発表されている。

2012年にジェイソン・ムーア(『エバーウッド 遥かなるコロラド』)がメガホンを取った第1作目は、約1500万ドル(約18億円)の製作費に対し、全世界で興行収入約115億ドル(約140億円)を稼ぐ大ヒットを記録。続編の製作が決まり、2015年5月に公開された『ピッチ・パーフェクト2』はさらに上をいく2億8750万ドル(約300億円)を超える爆発ヒットとなった。

本作でルビーがどのような役を演じるかは明らかになっていないが、オーストラリア出身の新進女優である彼女は『オレンジ・イズ・ニューブラック』以外にも、12月23日(金)から日本でも公開される大ヒットアクション映画最新作『バイオハザード:ザ・ファイナル』や、ヴィン・ディーゼル(『ワイルド・スピード』)、ニーナ・ドブレフ(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)、サミュエル・L・ジャクソン(『アベンジャーズ』)が共演する、来年公開予定の『xXx<トリプルX>:再起動』にも出演しており、今後の活躍が期待される。

今作メガホンを取るのはトリッシュ・シー(『ステップ・アップ5:アルティメット』)。過去2作でも出演&製作を務めたエリザベス・バンクスも再びプロデューサーを務め、同様にケイ・キャノンが脚本を担当する。『Pitch Perfect 3(原題)』は2017年12月22日より全米公開予定。(海外ドラマNAVI)