蔡英文総統

写真拡大

(ワシントン 15日 中央社)米誌フォーリン・ポリシーはこのほど、2016年のグローバル思想家100人に蔡英文総統を選出した。総統府の黄重諺報道官は14日、「選出が意味するのは総統自身だけでなく、台湾人全体が民主主義と自由、ひいては全ての分野において共同で前向きな力を発揮していることを世界に認識してもらえたことの象徴」だとコメントした。

同誌は蔡氏を「台湾総統」と呼称。「poking thebear」(強権を持つ中国大陸に立ち向かう姿勢を指す)と選出理由を示した。本文では、蔡総統が今年10月10日の国慶節式典の演説で中国大陸に対し、対話の早期再開を呼び掛けると同時に、中華民国が存在する事実および台湾の人々が民主制度において揺るぎない信念を持っていることを直視するよう求めたことに言及している。

蔡総統が名を連ねたのは政策決定者部門。同部門にはヒラリー・クリントン氏や小池百合子東京都知事ら14人も選ばれている。

(葉素萍/編集:名切千絵)