BIGBANGのV.I、日本メディアに女性スキャンダル報じられる

写真拡大

日本でドームツアーを続けているBIGBANGのV.Iとみられる男性が、1人の女性とホテルに入る姿が週刊誌によってキャッチされた。

日本メディア「リアルライブ」は15日、「週刊文春」を引用し、V.Iが再び日本の女性とスキャンダルを起こしたと報道した。「リアルライブ」は、V.Iをお調子者の末っ子キャラで日本語が堪能なスターと紹介した。記事のタイトルも「日本で女遊びしまくるBIGBANGのメンバー・V.I」だ。

「週刊文春」によるとV.Iは今月4日、ドームツアーの開催地である名古屋で新幹線に乗って東京に戻り、美女たちと一緒に飲み屋を転々とし、華麗な夜を過ごした。深夜、赤坂の韓国料理店を借り切り騒がしく楽しみ、店主に日本語で「カネならある!」と叫んだりもしたとのこと。

今回報じられた記事によると、女性がV.Iと会うのはいつもホテル。食事はルームサービスで、サンドイッチとかカレーとか簡単なものばかり。最初は優しかったようだが、半年以上関係が続くと対応は雑になり、部屋に入ろうとしたら別の女性が入れ違いで出てきたこともあったという。

また「リアルライブ」は、東京都内の豪華な飲食店が立ち並ぶ繁華街、六本木や西麻布でのV.Iの豪遊伝説まで欠かさなかった。V.Iがカラオケバーで多数の女性を呼んで遊び、気に入った女性をお持ち帰りしたりもすると伝えた。また、「今後数年、軍隊に入らなければならないため、今のうちに遊びまくっているのではないか」と話したレコード会社関係者のコメントも付け加えた。

「リアルライブ」はまた、今後も女性たちの“告発”が続きそうだと記事を終えた。

V.Iは2012年にも週刊誌「フライデー」に、一夜を一緒に過ごした女性が撮ったベッド写真が報じられ、波乱を呼んだことがある。