画像

写真拡大

 インテグラル・アド・サイエンスは、アプリパブリッシャー向けにモバイルアプリの効果計測・検証ソフトウェアのオープンソースSDKの提供を開始した。

 アドベリフィケーションに関するソリューションなどを提供するインテグラル・アド・サイエンス(以下、IAS)は、同社が保有するメディア品質計測のためのモバイルアプリの効果計測・検証ソフトウェアのオープンソースSDKの提供開始を発表した。

 同SDKを利用することで、アプリパブリッシャーは、さまざまなパートナーが提供する複数のSDKを統合することなく、自社のモバイル広告在庫の計測・評価を行える。

 IASはGoogleやInMobi、Lenovoなどの関係各社のサポートのもと同SDKの提供を推進。アプリパブリッシャーやブランド広告主、広告代理店に対する広告の透明性を一層拡大させていくことに注力していく。

 今後同社は、まず2016年第4四半期中に一部パートナーにオープンソースSDKの提供を開始し、業界各社や各種団体と緊密に連携を図る。これにより、幅広い範囲に普及させ、多方面からのフィードバックやコミットメントを考慮し、2017年初旬からの一般提供開始を目指す。

MarkeZine編集部[著]