「六甲山 山盛りローストビーフ丼」(1800円)

写真拡大

山盛りローストビーフ丼や、わらじカツカレー。六甲山をイメージしたメガ盛りメニューが新登場している。

【写真を見る】「手仕込み わらじカツカレー」(1800円)

神戸の六甲山スノーパーク内のレストラン「アルペンローゼ」に、今季からメガ盛りメニューが登場。「六甲山 山盛りローストビーフ丼」(1800円)と「手仕込み わらじカツカレー」(1800円)、「スノイル・ワルイル シーフードピザ」(1200円)が販売されている。

「六甲山 山盛りローストビーフ丼」は、レストランで焼き上げたローストビーフを冬の六甲山に見立てたビジュアルに仕上げた。自家製のオニオンソースとまろやかなヨーグルトソースの2種類のソースが絶妙にマッチし、総重量も600gで質量ともに申し分ない一杯となっている。

総重量1kgの「わらじカツカレー」は、特製カレーとロース300gを使ったトンカツが、ご飯を隠すほどのボリューム。中辛のカレーと、大盛りの手仕込みカツが食欲をそそる。

「スノイル・ワルイル シーフードピザ」は、家族向け新メニューとして登場。魚介の旨味の効いたソースと、ホワイトソースの相性が抜群のシーフードピザで、六甲山スノーパークのマスコットキャラクターである「スノイル」と「ワルイル」をうずら卵であしらい、見た目も楽しめる。

一人でメガ盛りに挑むことはもちろん、友達や家族で分け合うことでも楽しめる。味だけでなく見た目にもインパクトがあるため、SNS映えすることも請け合い。

スキーやスノボーの合間に、ぜひチャレンジしてみて。【ウォーカープラス編集部/コタニ】