元MBLAQ チョンドゥン、ソロ歌手の苦労とは?「グループの時は担当分野があった」

写真拡大

元MBLAQのチョンドゥンがグループからソロ歌手に転身して大変だったと打ち明けた。

チョンドゥンは15日午後、韓国で放送されたSBSパワーFM「キム・チャンリョルのオールドスクール」に出演し、グループMBLAQからソロ歌手チョンドゥンになった感想を打ち明けた。

この日、チョンドゥンは「ソロは挑戦だったと思う。MBLAQは5人であるため、それぞれ担当していた分野があった。僕は実は音楽を担当していなかった。今回はすべて一人でやらなければならなかったので大変だった」と打ち明けた。

また「メンバーたちとも頻繁に連絡する。特に、ジオ兄さんとたくさん連絡する。練習室に来てくれたが、恥ずかしすぎて見せてやらなかった」とし、笑いを誘った。