10人の美少女キャラクターが登場する参天製薬のアニメ「アイドロップス」

写真拡大

参天製薬(本社・大阪市)は、オリジナルで制作したPR用アニメ「アイドロップス」のエピソード2〜4を2016年11月28日、同社公式サイトとユーチューブで公開した。

アニメは、眼球に見立てた惑星「EYE」に迫る危機を、目の有効成分を擬人化した美少女キャラクター10人が救うというストーリーで、同社主力商品の目薬をプロモーションしている。16年9月に公開されたエピソード1は、200万回以上再生される人気動画となっていた。

コミカルな会話で目の構造を解説

目の構造とともに、目に起こるトラブル、ケアの重要性をキャラクターたちがコミカルな会話で解説し、最後にそれぞれのトラブルに効く成分を配合した目薬を紹介するのが共通の流れだ。エピソード1の「疲れ目」に続き、新作は「充血」「コンタクトレンズ」「ブルーライト」をそれぞれ取り上げている。

キャラクターボイスは「タウリン」に喜多村英梨さん、「ネオスチグミンメチル硫酸塩」に日笠陽子さん、「イプシロン-アミノカプロン酸」に上坂すみれさんなど人気声優をそろえ、テーマソング「目がメガスカッション」も声優陣が歌い上げている。