年末の台湾台南市では盛大な祭りが執り行われるという。現地出身のカメラマン、KiKi Wangが写真と文章で紹介する。

写真拡大

今年も残すところあと2週間余りとなった。年末の台湾台南市では盛大な祭りが執り行われるという。現地出身のカメラマン、KiKi Wangが写真と文章で紹介する。

【その他の写真】

台湾の人々は年末になると、神に感謝の祈りを捧げ、鬼の魂を祭るために供物を供える。宗教関係者や年配の人が多い台南では特に盛大だ。1年の収穫を得た人々は神と鬼に敬意を示すため、自動車の立ち入りが制限された道路にいっぱいの供物を並べる。言い伝えによると、「供物が多ければ多いほど、そして祭りが精彩であればあるほど、その地域は良い1年を迎えられる」。供え終わった供物は地域の家々が持ち帰り、家族とともにいただく。「平安な年、希望がかなう年になりますように」と願いながら。(文章:KiKi Wang/翻訳・編集:野谷)

●KiKi Wang
台湾台南市出身。1980年生まれ。写真と文字で日常のささやかな出来事を記録することが趣味。