ツンデレお兄ちゃんを熱演 (C)2017「兄こま」製作委員会
(C)夜神里奈/小学館

写真拡大

 土屋太鳳主演で夜神里奈氏の人気漫画を実写映画化する「兄に愛されすぎて困ってます」で銀幕デビューを飾る片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)の、メイキング写真と場面カットがお披露目された。

 映画は、恋愛に縁がない女子高生・橘せとか(土屋)が、血の繋がっていない兄・はるか(片寄)や、初恋の相手であるセレブ研修医・芹川高嶺(千葉雄大)らイケメンたちに言い寄られ、突然訪れた人生初のモテ期に動揺する姿を描く。

 片寄扮するはるかは、見た目はヤンキー系だが、実際は優しくせとかを守り抜くツンデレ男子。片寄は、初めての映画出演に「僕はまだ一生懸命やることしかできない」と話し、「(原作のはるかが)すごくしゅっとした感じが印象的だったので、身体を絞ってビジュアルをまず意識した」と役作りに没頭。そんな片寄を、主演の土屋とメガホンをとった河合勇人監督は「ちゃんとお兄としての呼吸をしているように感じる」(土屋)、「まさに原作から抜けでてきたような好青年」(河合監督)と絶賛している。

 このほど公開されたのは、土屋との仲良し兄妹感が伝わるツーショット、河合監督と真剣に話し合いをする姿、周囲に恐れられるヤンキー系の一面を見せる学校での場面カットの3枚。片寄はどのショットでも違う表情を見せており、“ツンデレお兄ちゃん”が振りまく多様な魅力に期待が高まる。

 「兄に愛されすぎて困ってます」は、2017年夏から全国公開。