ソネクア・マーティン=グリーンが大抜てき! Photo by Jesse Grant/Getty Images for AMC

写真拡大

 今年で誕生50周年を迎えた「スター・トレック」シリーズの新作ドラマシリーズ「スター・トレック:ディスカバリー(原題)」の主演に、米AMCの大ヒットサバイバルドラマ「ウォーキング・デッド」のサシャ役で知られるソネクア・マーティン=グリーンが決定した。

 米Deadlineによれば、マーティン=グリーンはディスカバリー号のレインズフォード少佐を演じる予定。番組開始前に降板したクリエイターのブライアン・フラーは、今年7月の時点で主人公は非白人女性と語っていたが、ようやく米アラバマ出身のアフリカ系アメリカ人のマーティン=グリーンに決定した。マーティン=グリーンは、「ウォーキング・デッド」にも引き続きレギュラー出演するという。

 米CBSテレビジョンスタジオが制作を手がける「スター・トレック:ディスカバリー」では、シリーズ第1弾「宇宙大作戦」の10年前を舞台に、ディスカバリー号の冒険を描く。ミシェル・ヨーが宇宙船神舟号のジョージャウ船長に起用されており、シリーズ初登場のエイリアン種族に属する、宇宙艦隊の科学士官サル大尉にダグ・ジョーンズ、ディスカバリー号のクルーで、菌類のエキスパートである科学士官スタメッツ大尉にアンソニー・ラップが決定。そのほか、クリス・オビ、シャザド・ラティフ、メアリー・チーフォの3人がクリンゴンを演じる。

 2005年に終了した「スター・トレック エンタープライズ」以来となる新シリーズで、北米では17年5月から動画配信グサービスのCBS All Accessで配信。日本ではNetflixで配信予定だ。