左から橘せとか役の土屋太鳳、橘はるか役の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE) ©2017「兄こま」製作委員会 ©夜神里奈/小学館

写真拡大

映画『兄に愛されすぎて困ってます』の新たなビジュアルが公開された。

【もっと画像を見る(3枚)】

今回公開されたのは、土屋太鳳演じる主人公・橘せとかの血の繋がらない兄・はるか役を演じる片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)の姿を捉えた写真。はるかはせとかと血が繋がっていないと知って揺れる自分の気持ちに戸惑いながら、せとかを守ろうとする妹思いのキャラクターだ。ビジュアルでは制服姿の土屋と片寄のツーショットや撮、影現場での片寄の様子が確認できる。

同作で映画初出演を果たした片寄は役作りについて「今回の原作に関してはすごくしゅっとした感じが印象的だったので、身体を絞ってビジュアルをまず意識した」と明かしている。また河合勇人監督は「まさに原作から抜けでてきたような好青年」、妹役を演じた土屋は「ちゃんとお兄としての呼吸をしているように感じる」と賛辞を送っている。

2017年夏から全国で公開される『兄に愛されすぎて困ってます』は、夜神里奈の同名漫画をもとにした作品。恋愛体質で振られてばかりのせとかと、兄のはるか、セレブな研修医・高嶺を巡る恋愛模様や、次々と年上の男性に愛され始め、突然の「モテ期」に戸惑うせとかの姿が描かれる。土屋、片寄に加え、高嶺役の千葉雄大や、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮らがキャストに名を連ねる。