パク・ソジュン&SHINee ミンホら出演「花郎」制作記から俳優コメンタリーまで…16日スペシャル放送編成

写真拡大

KBS 2TV新月火ドラマ「花郎(ファラン)」(演出:ユン・ソンシク、脚本:パク・ウニョン) が19日の韓国での初放送を控えた中、16日午後10時スペシャル放送編成で視聴者たちと事前に会う。

今回の「花郎スペシャル」の放送は100%事前制作ドラマで、新羅時代の花郎を本格的に取り扱った初めてのドラマとして、「花郎」の汗と努力などを見せる予定。金曜日午後10時というゴールデンタイムに約60分間放送される展望である。

2016年夏、走って転がる青春の美しい時期、「花郎」を完成させた俳優のコメンタリーも含まれる。このために実際に「花郎」の出演俳優は11月、特別に一堂に会し楽しい雰囲気の中コメンタリー撮影を進めた。同じ年頃の青春俳優の出会いで、いつも和気あいあいとしたチームワークを誇った「花郎」チームなだけに、俳優の愉快なコメンタリーを聞く面白味も期待される。

ドラマが放送される前に、制作日誌および俳優のコメンタリーをスペシャル放送で公開するのは異例なことである。名前だけでも美しくきらびやかな時期“青春”。そして「花郎」を通じて繰り広げられる“青春”の饗宴。胸ときめくロマンスと温かなブロマンス(男同士の友情) など、2016年冬、お茶の間の五感を満足させる「花郎」の多様な長所を、「花郎スペシャル」放送を通じて見れるものと思われる。

「花郎」はドラマ史上初めて新羅時代の花郎を本格的に描く作品で、1500年前、新羅の首都“徐羅伐(ソラボル)”に咲いた花のような男たち“花郎”の熱い情熱と愛、輝かしい成長を描く本格青春時代劇だ。100%事前制作ドラマで、今年9月撮影を終え19日待望の初放送を待っている。