ゼロスポーツから、レヴォーグ(VM型)をはじめとしたスバル車専用設計の追加メーター用フードがラインアップされています。

1
取り付けられる追加メーターはφ60mmのもので、ドライバーの視界や純正の各インジケーター、そして時計などの視認性を重視し、ステアリング右側に配置。スポーツ系のインテリアカラーとなじみやすいマットグレー塗装が施されています。

レヴォーグのほか、WRX STI、WRX S4、フォレスター用としての追加ラインアップとなります。

配線を隠してマウントするには、エアコンのベンチレーターダクトのパーツに穴あけをして内側に配線するのがスマート。

パーツ変更や車両売却等でノーマルに戻す際も、「グリルアセンブリ、ベンチレータライト(税抜2500円・執筆時)」を入れ替えることになるので、ダッシュボード本体である「パネルコンプリートインストルメント(2万8000円・同)」を丸ごと交換するのに比べて、1/10以下の出費で済みます。

もちろん、配線をダッシュ上に這わせることもできますが、せっかくなら純正チックにいきたいもの。

スマートに取り付けて、スマートに復帰。 交換工賃等も考えると、満足度にかなり差が出てくるかもしれません。

・ZERO/SPORTS シングルメーターフード マット塗装品
適合車種:スバル WRX STI(VAB)、WRX S4(VAG)、LEVORG(VM#)、フォレスター(SJ#)
価格:2万円(税抜)

(ドレナビ編集部)

穴開け加工しても「戻しやすい」。 ゼロスポーツのレヴォーグほかスバル車用シングルメーターフード(http://clicccar.com/2016/12/15/421929/)