本木雅弘の初主演映画「ファンシイダンス」を千葉テレビで放送/(C)KADOKAWA 1989

写真拡大

千葉テレビでは、周防正行監督、本木雅弘主演の映画を2週連続で放送する。

【写真を見る】本木雅弘のまわし姿も話題となった映画「シコふんじゃった。」/(C)KADOKAWA 1992

12月15日(木)夜7時からは、周防監督の長編映画デビュー作であり、本木の初主演作となる映画「ファンシイダンス」が登場。

岡野玲子の同名漫画を原作に、坊さん生活のあれこれを楽しく紹介しつつ、そこでの青春の息吹を巧みに描出していく青春コメディー。

本木はロックバンドを組み、ボーカルとして活躍していたが、実家の寺を継ぐために故郷の禅寺・明軽寺に入る大学生・陽平を演じる。ほか、弟・郁生役に大沢健、陽平の元恋人・真朱役で鈴木保奈美が出演する。

また、12月22日(木)夜7時からは、第35回ブルーリボン賞作品賞、第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した映画「シコふんじゃった。」を放送。

ひょんな事から相撲部に入ることになった大学生の奮闘を、コミカルに描いた異色相撲コメディー作品で、本木は卒業単位と引き換えに相撲部に入部させられる大学生・秋平を演じる。