写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Cloud Paymentは12月15日、WEBサービス/ASP事業者を対象に、決済手段の一元管理や、請求金額の回収状況管理、請求管理業務をサポートするパッケージ版「経理のミカタ」の提供を開始した。

「経理のミカタ」は、請求書の送り先、請求書の内容を入力するだけで、完全自動で請求書発行、送付まで行えるサービスで、設定すれば、毎月や毎年など設定した期間ごとに請求書の発行、送付が可能となる。

パッケージ版経理のミカタでは、顧客のビジネスに必要な決済手段を一元管理する機能を実装。請求金額の回収状況を管理する機能を利用することで、集金業務の漏れをなくし、売り上げ向上をサポートする。また、SalseforceやKintoneなどのSFA・CRMと連携することが可能。顧客情報に紐づいた売上分析を行うことでスピーディーな経営判断を促せるという。

提供価格は別途見積もり。

(山本明日美)