写真提供:マイナビニュース

写真拡大

12月14日から16日にかけて東京ビッグサイトにて開催されているエレクトロニクス製造サプライチェーン総合展示会「SEMICON Japan 2016」の特別展「WORLD OF IOT」において、東洋紡ブースでは、フィルム状導電素材「COCOMI(心美))」の紹介を行っている。

COCOMIは厚さ約0.3mmの導電銀ペーストベースのシートで、表面抵抗1Ω未満の導電性により、少ないノイズで生体情報の取得を可能とする。フレキシブルかつ伸縮性、耐水性といった特徴のほか、電極と配線の一体構造のため、接続部や段差が生じず、着衣状態での違和感を抑えることが可能だという。

心電図のほか、筋電図や発汗量などへの応用も考えられているとのことで、将来的には印刷法によるロジック回路などと組み合わせた高機能化などへの発展も期待される。また、現在、スクリーンプリントでの製作も開発が進められているとのことで、さらなる応用範囲の拡大も期待されるという。

(小林行雄)