監督は練られたストーリーに自信 (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 新バットマンとして新たなファンを獲得し、最新監督作「夜に生きる」(2017年5月公開)も控えるベン・アフレックが、ごく平凡な会計士として暮らしつつ、裏社会を渡り歩く暗殺者の顔を持つ男に扮したサスペンスアクション「ザ・コンサルタント」の予告編が、解禁された。

 超人的な数学的頭脳を駆使して、あらゆる闇組織の“財務係”を務めるクリスチャン・ウルフ(アフレック)。表向きは善良な会計士として過ごしていたものの、ロボット工学会社の財務調査で重大な不正を見つけたことから何者かに命を狙われ、生きるか死ぬかの壮絶バトルに身を投じることになる。

 予告編では、アメリカ政府犯罪捜査課のレイ・キング(J・K・シモンズ)や、ロボット工学会社の社員デイナ・カミングス(アナ・ケンドリック)を巻き込み、ウルフが完全武装した戦闘員たちと死闘を繰り広げるさまがスリリングに描かれる。囚人服を着たウルフや、少年時代のウルフもわずかだが登場し、なぜウルフがこのような経歴をたどったのか、見る者の期待を高めるものとなっている。アフレックがほぼスタントなしで挑んだという生身のアクションだけでなく、過去と現在がリンクするサスペンスとしての魅力も伝える内容だ。

 ジョエル・エドガートンとトム・ハーディが格闘家を演じた「ウォーリアー」や、ナタリー・ポートマンとユアン・マクレガーが共演した西部劇「ジェーン」で知られるギャビン・オコナー監督は「ストーリーの中心にいるこの非常に魅力的なキャラクター(・ウルフ)に私はほれこみ、掘り下げたいと思った。彼はどういう経緯でこういう人間になったのか? どうしてこれほど無敵なファイターになったのか? 物語には絡み合うパズルが盛り込まれているので、非常に知的な要素が生まれ、ものすごく面白いものになっているよ」とドラマ部分のクオリティに自信を見せている。

 「ザ・コンサルタント」は、17年1月21日から全国公開。