「青い海の伝説」イ・ミンホ、チョン・ジヒョンに本音を打ち明ける

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
イ・ミンホがチョン・ジヒョンにキスをした。

韓国で14日に放送されたSBS水木ドラマ「青い海の伝説」第9話では、自身の傷を慰めてくれたシム・チョン(チョン・ジヒョン) に心を開くホ・ジュンジェ(イ・ミンホ) の姿が描かれた。

ホ・ジュンジェは偶然父親に会って以来、病気になった。子供の頃に父親から受けた傷を思い出したからだ。相変わらず自分は一人だと思い、そばにいるシム・チョンに「君も行け」と背中を押した。

シム・チョンはそんなホ・ジュンジェの手を放さなかった。寝ているホ・ジュンジェの手を握ってそばを守った。目覚めたホ・ジュンジェをシム・チョンが慰めると、ホ・ジュンジェは涙まで流しながら本音を見せた。

その後、泣いたことが恥ずかしくなったホ・ジュンジェは「これは忘れなさい。誰にも言うな」と言った。そんなホ・ジュンジェにシム・チョンは「これからも私に話しなさい。私が熱心に聞いて、全部忘れてあげる」と話した。

シム・チョンの言葉に心が解けたホ・ジュンジェは「ではこれも忘れなさい」と言いながらキスをした。2人の甘いキスシーンが繰り広げられた。