写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは12月13日(米国時間)、「Google Developers Blog: Announcing updates to Google's Internet of Things platform: Android Things and Weave」において、IoTデバイス向けのオペレーティングシステムである「Android Things」のデベロッパープレビュー版を公開したと発表した。

「Android Things」を使用したIoTデバイスでは、デベロッパーはAndroid APIおよびGoogleの提供している各種サービスを使った機能の開発が可能とされている。すでに開発環境も提供されており、Android向けのアプリを開発してきたデベロッパーであれば「Android Things」においてこれまでの開発で培ったスキルを活用できるという利点がある。「Android Things」のセキュリティアップデートはGoogleから定期的に提供される見通し。

Googleは「Android Things」をIoTデバイス向けの重要なプラットフォームと位置づけており、「Android Things」をベースとしてさまざまなレベルのエコシステムを構築することを狙っている。IoTデバイスは今後ますます重要になるものと見られており、Googleはこの分野において重要なプレーヤになるべく開発を継続している。

(後藤大地)