チェ・ジニョク、新ドラマ「トンネル」に出演確定“演技への渇きが大きかった”

写真拡大

俳優チェ・ジニョクがケーブルチャンネルOCNの新ドラマ「トンネル」で3年ぶりにテレビドラマに復帰する。

15日、チェ・ジニョクの所属事務所であるG-Tree Creativeは報道発表資料を通じて「トンネル」への出演ニュースを伝え、「久々に披露する復帰作なので、悩みに悩んだ末に選んだ。緻密な台本と魅力的なキャラクターが際立つ作品だ」と伝えた。

「トンネル」は1980年代、女性連続殺人事件の犯人を探していた主人公が2016年にタイムスリップし、過去と現在のリンケージを見つけ、再び始まった30年前の連続殺人事件を解決していく犯罪捜査ものだ。

チェ・ジニョクはトンネルで犯人を追跡する過程で30年後にタイムスリップした強力班10年目のベテラン刑事パク・グァンホ役を演じる。一日も早く事件を解決し、過去へ戻るために奮闘する人物だ。

チェ・ジニョクは所属事務所を通じて「演技に対する渇きが大きかった。そのため、次回作をより慎重に選んだ。安定したストーリーの台本と良い制作陣に会えたので、良い演技でお応えすることだけが、ファンの皆さんや視聴者の皆さんに対する礼儀だと思う。作品に迷惑をかけないように最善を尽くす」と復帰の感想を伝えた。

「トンネル」は今月末にクランクインし、2017年3月に韓国で放送される予定だ。