14日、米経済誌フォーブスが発表した2016年の「世界で最も影響力のある人物」ランキングで、中国の習近平国家主席は、昨年から順位を1つ上げ4位となった。

写真拡大

2016年12月14日、米経済誌フォーブスが発表した2016年の「世界で最も影響力のある人物」ランキングで、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は、昨年から順位を1つ上げ4位となった。独国際放送ドイチェ・ヴェレの中国語ニュースサイトが伝えた。

同誌は習氏について「毛沢東とトウ小平に与えられた名誉である中国共産党の『核心』指導者へと昇格し、これまで以上にパワフルになった」と評した。中国のもう一人の指導者、李克強(リー・カーチアン)首相は12位に入った。

1位は4年連続でロシアのプーチン大統領、2位はトランプ次期米大統領、3位はドイツのメルケル首相。(翻訳・編集/柳川)