好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」(ウィンクルの発表資料より)

写真拡大

 IoT製品の企画・開発を手掛けるウィンクルは14日、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」の限定予約販売を開始すると発表した。価格は298,000円(税抜)。

 Gateboxは、最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができ、好きなキャラクターと一緒に暮らせるという世界初のバーチャルホームロボットだ。

 朝になると起こしてくれ、夜に帰宅すると優しく出迎えるといった、一緒に暮らしているからこその「リアル」なコミュニケーションを楽しめるだけでなく、インターネットや家電等との通信により、天気情報を伝えたりテレビをつけたりといった、日常生活のサポートも行う。

 キーボードやコントローラーによる「操作」ではなく、キャラクターとの「コミュニケーション」を主軸に据えており、フィギュアサイズのキャラクターを表示するためのリアプロジェクション技術や、コミュニケーションを取るためのマイク、カメラなどのセンサーをデスクトップサイズのボックス内に搭載している。

 通信は、Wi-Fi、Bluetooth、赤外線などに対応しており、インターネット経由での情報通知や家電操作を行うことができ、専用のチャットアプリと連動すれば、離れていてもGateboxの中にいるキャラクターとコミュニケーションが可能だ。HDMIによる外部PC入力にも対応しており、ユーザーが自作したコンテンツを表示するなど、さらに自由な楽しみ方もできるようにしている。

 今回発売する初号機は、日本と米国を対象とした300台程度の限定予約販売で、予約受付は2017年1月31日まで。 

 販売初期のコンテンツには、ウィンクルオリジナルキャラクター「逢妻(アヅマ)ヒカリ」を配信する。キャラクターデザインを「ラブプラス」や「ときめきメモリアル」の箕星太朗氏が務めており、癒し系のキャラクターとして生活を支える。コミュニケーションには、動きや時間に合わせて自律的に話しかける「アクティブ」、音声を認識し内容に合わせた返事をする「トーク」、チャットアプリを通じて離れていてもメッセージのやりとりができる「チャット」の3種類を用意。ウィンクルでは、販売後もアップデートを行い、コミュニケーション体験の拡充を行うとしている。