『夜は短し歩けよ乙女』劇場アニメ化 先輩に星野源

写真拡大

 森見登美彦の小説『夜は短し歩けよ乙女』の劇場アニメ化が12月15日に発表された。公式サイトも同日オープンし、55秒の特報映像も公開されている。

 メインスタッフは同じ森見作品で2010年にフジテレビ・ノイタミナ枠にて放送されたテレビアニメ『四畳半神話大系』メンバーが再集結。

【関連:「急募・星野源を苦しめる方法」が話題】

 監督を湯浅政明が担当し、脚本は上田誠、キャラクター原案は中村佑介、音楽は大島ミチル、そしてアニメーション制作については湯浅監督が代表をつとめるサイエンスSARU。主題歌はASIAN KUNG-FU GENERATIONが担当する。

『夜は短し歩けよ乙女』特報

『夜は短し歩けよ乙女』特報

 また先輩役の声優も発表された。先輩を演じるのは歌手・俳優として活躍する星野源。今発表に際し、先輩を演じることについて公式サイトに「“先輩”役、とても楽しみです。」とコメントをよせている。

 京都を舞台に描かれる ちょっと風変わりな青春恋愛物語、映画『夜は短し歩けよ乙女』は2017年4月7日公開。

※画像は『夜は短し歩けよ乙女』公式サイトのスクリーンショット。

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会