手のひらで衣類をなでるような感覚でアイロンがかけられる(写真は、「美ラクルLa・Coo  TA‐FLW900」)

写真拡大

東芝ライフスタイルは、コードレスアイロンの新製品「美ラクルLa・Coo(ミラクル ラクー) TA‐FLW900」を、2016年12月16日に発売する。

かけ面が、かけ面前方と同様にその後方を細くしたかけ「美(ミ)ラクルベース」の面形状で、さらに従来機種比べて重心近くが握りやすいハンドル形状に変更。本体の高さを低くしてハンドルの位置をかけ面に近づけ、かけ面自体も広くすることで動かしやすくした「センター重心&ロー&ワイド形状」を採用した。

これにより、全方向にラクにアイロンが動かしやすいだけでなく、手のひらで衣類をなでるような感覚でアイロンがかけられるようになった。

かけ面の前端には、先端を細くすることでボタン周りなどの細部をかけやすくした「楽がけライン」を、また、かけ面の後端にはスカートのプリーツなどの直線部の仕上げがしやすい「ポイントプレス」を設けた。「ポイントプレス」は、かけ面で「踏みシワ」が付かないように、かけ面に対して約10度持ち上がった形状にして、後退時の移動をスムーズにした。ハンドルは、つかみやすい「オープンハンドル」。

かけ面にライン状に溝を設けた「スチームライン」は、スチーム孔からスチームが出て、「スチームライン」にそって広範囲に広がり、衣類に浸透する。スチーム量は、「TA‐FLW900、800、700」の場合、最大毎分約13ミリリットル(シャワースチーム時)、「TA‐FVX630、FV430」の場合は、毎分約5ミリリットル。

ジャケット、カーテンなどのしわ取りを吊るしたままできる「吊るしてショット」を搭載。アイロンの電源を切り忘れても、約10分後に自動で電源がオフになる「オートパワーオフ」(「TA‐FLW900、FLW800、FLW700、FVX630」)などの機能も搭載した。

また、「美ラクルLa・Coo」シリーズとして、かけ面がニッケルコートの「TA‐FLW800」、シルバーチタンダイヤモンドコートの「TA‐FLW700」、「コンパクト 美ラクルLa・Coo」シリーズとして、シルバーセラミックコートの「TA‐FVX630」、シルバーチタンコートの「TA‐FV430」を、同時発売する。

色は、「TA‐FLW900」がグランレッドとサテンゴールド。「TA‐FLW800」がグランレッドとピンク。「TA‐FLW700」はレッドとシルバー。「TA‐FVX630」はグランレッドとパールホワイト」、「TA‐FV430」がブルーとブラック。

いずれも、オープン価格。