写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは15日、全国のマツダ販売店を通じ、新型「CX-5」の予約受付を開始すると発表した。国内での発売日は2017年2月2日と発表され、その後も順次グローバルに導入予定とされている。国内での販売価格は246万2,400〜352万6,200円(税込)。

新型「CX-5」は11月に世界初公開され、ロサンゼルスオートショーに北米仕様車が出品された。広島市のマツダ本社宇品第2工場にて、日本仕様車の生産も開始されている。

同車の開発においては、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「全てのお客様を笑顔にするSUV」をキーワードに、マツダが一貫して追求する「走る歓び」のさらなる進化に挑戦したという。車両運転制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第1弾「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を搭載すると同時に、ドライバーの意のままのパフォーマンスフィールや高い静粛性・乗り心地など、同乗者の快適性を両立する走行性能を実現している。

デザインは「洗練された力強さ」をキーワードに掲げ、「魂動」デザインのコンセプトをより高い次元へ昇華させることに挑戦。乗員が心地良さを感じられる内装、艶やかさと精悍さを融合させた外観が特徴で、ボディカラーには新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」を初採用した。

エンジンは「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」「SKYACTIV-D 2.2」を用意。「SKYACTIV-G 2.0」搭載車の価格は246万2,400〜268万9,200円、「SKYACTIV-G 2.5」搭載車の価格は268万9,200〜321万3,000円、「SKYACTIV-D 2.2」搭載車の価格は277万5,600〜352万6,200円(すべて税込)。月間販売台数は2,400台を計画している。

(上新大介)