15日、韓国メディアによると、朴槿恵大統領の友人、崔順実被告らによる国政介入事件をめぐり、韓国の国会で14日、3回目の聴聞会が開かれた。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウルで行われたデモ。

写真拡大

2016年12月15日、韓国・YTNによると、朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告らによる国政介入事件をめぐり、韓国の国会で14日、3回目の聴聞会が開かれた。朴大統領の弾劾訴追案が可決された後初めてとなったこの日の聴聞会では、3つの新事実が明らかとなった。

聴聞会で新たに公開された1つ目は「崔氏の録音ファイル」。崔氏が10月末にドイツから帰国する直前に録音されたもので、崔氏が知人を通じてコ・ヨンテ氏(崔氏の元側近)に事実と異なるうそをつくよう持ちかけたとみられる内容が収められていた。また、録音ファイルで崔氏は「大変なことになった」と焦りの気持ちをあらわにし、先にマスコミとのインタビューに応じていたイ・ソンハン前ミル財団事務総長をめぐる疑惑をもみ消すよう指示した。

2つ目は朴大統領の健康問題。朴大統領の免疫機能に“良くない兆候”があったとの証言が出た。キム・サンマン前大統領担当医は、「13年9月にチャウム病院に搬出された朴大統領の血液の検査項目は何だったか」という野党議員の質問に対し、「いくつか良くない兆候があり、追加の検査が必要だった」と説明した。しかし、“良くない兆候”の詳細については「患者の秘密であるため答えられない」とした。これに対し、野党議員が「国の安危に関わる問題であるため答える必要がある」と主張すると、キム前大統領担当医は「免疫機能に関すること」と明らかにした。

さらに、聴聞会では「影の医師」と呼ばれるキム前大統領担当医と崔被告の美容整形の主治医で朴大統領の美容整形施術も担当したとの疑惑を受けているキム・ヨンジェ氏が、「セキュリティー客(大統領と面会する人物の中で、出入り証をつけずに別途出入りする人物)の資格」で大統領府を出入りしていた事実も明らかとなった。

3回目の聴聞会は、セウォル号沈没事故当日の朴大統領の“空白の7時間”を明らかにすることが最大の目的だったが、それに関する新たな事実は確認されなかった。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「質問する側の能力レベルが低過ぎる」「朴大統領の健康や美容はどうでもいい。セウォル号沈没事故の時、朴大統領が子供たちを見殺しにしたか、なぜ救わなかったのか、船の中には何が積まれていたのかが知りたい」「うその証言ばかりの聴聞会。全く信用できない」「セウォル号事故発生直後に日本人記者が報じたことは事実だったのかも…」「事実を隠そうとする政府や与党幹事の妨害にも負けず、新事実を明らかにした議員らに拍手を送りたい」「朴大統領は深刻な不治のお姫様病を患っている」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/堂本)