アカデミー賞作品賞「スポットライト 世紀のスクープ」 Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

写真拡大

 映画化が実現していない優秀脚本を選ぶ「ザ・ブラックリスト」が発表された。今年は、計73作品が選出された。

 同リストは、スタジオの重役やエージェント、マネージャーといった、日常的に新作の脚本を読んでいる業界人約250人がお気に入りの脚本に投票するもの。今年のアカデミー賞で作品賞を受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」をはじめ、今年の賞レースで話題の「メッセージ」や「Manchester By The Sea」「最後の追跡」なども、かつては同リストにランクインしていたことで知られる。

 第12回目となる今年最多48票を獲得したのは、人気歌手マドンナの伝記映画「ブロンド・アンビション(原題)」(エリース・ホランダー著)。1980年代を舞台に、マドンナがファーストアルバムの発表にこぎ着けるまでの葛藤を描く作品だ。

 2016年度のザ・ブラックリストのトップ5は以下の通り。

1位
エリーズ・ホランダー「ブロンド・アンビション(原題)」(48票)
1980年代のニューヨークを舞台に、女性は消耗品だと考えられていた音楽業界において、歌手マドンナがファーストアルバムのリリースにこぎ着けるまでの葛藤を描く。

2位
ダン・フォーゲルマン「ライフ・イットセルフ(原題)」(35票)
ニューヨークのストリートやスペインの田舎を舞台にした、数世代にまたがる恋愛群像劇。

同率2位
トニー・トースト「ジ・オリンピアン」(35票)
1984年のロサンゼルス五輪出場を目指したボート競技選手と、そのコーチや父親、婚約者との関係を描く実話。

同率2位
リズ・ハンナ「ザ・ポスト」(35票)
ウォーターゲート事件より前に起こった「ペンタゴンペーパー」事件に関する実話。ワシントン・ポスト紙の経営者キャサリン・グラハムと伝説の編集者ベン・ブラッドリーが、2人の人生を変えるであろう特ダネをめぐり、編集方針の違いをいかにして乗り越えたのかを描く。

5位
ザック・ディーン「ボイジャーズ」(28票)
天文学者のカール・セーガンと3人目の妻アン・ドルーヤンのラブストーリー