「3月のライオン」豪華キャスト総出演の予告編

写真拡大

羽海野チカ原作の人気コミックを、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督が神木隆之介を主演に迎えて製作する実写映画「3月のライオン」。そんな本作の豪華キャストが総出演する予告編の第1弾が、このたび解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=QE2y8wvF34g)。

今回の予告編は、交通事故で両親と妹を失った幼少期の主人公・桐山零が、葬式場で父の友人のプロ棋士・幸田(豊川悦司)に「君は将棋、好きか」と問われ、生きていくために「はい」と答えてしまう物語の冒頭から始まる。

17歳にして天才プロ棋士と呼ばれる零だが、家も家族も無く、孤独を抱えてすがりつくように将棋に向かう日々。川本家の3姉妹(倉科カナ、清原果耶、新津ちせ)や、ライバル棋士の二海堂晴信(染谷将太)との出会いによって自分の居場所を見出すが、義理の姉・香子(有村架純)に存在を否定される様な言葉を投げかけられる。

夜空の中、零の「将棋しかねーんだよ!…強くなるしか…」という、見る者すべての心に響きわたる魂の叫び。零を導くプロ棋士・島田(佐々木蔵之介)との出会いや、香子と微妙な関係を続ける強面の棋士・後藤(伊藤英明)との対決、そして将棋の“神様の子供”宗谷冬司(加瀬亮)の存在……。

すべてを賭けてトップを目指す零に加え、様々な人生を背負った人々の姿が切り取られる。零に複雑な思いを抱え、「すべて将棋に奪われた」と泣き叫ぶ香子。難病を抱えながらも将棋に向かう二海堂。一人泣き崩れる後藤の背中。ある秘密を抱えた宗谷。そして、学校で事件に巻き込まれた川本家の次女・ひなた(清原果耶)に、「僕は一生かかっても、君に恩を返すよ」と告げる零。“何も持たなかった”少年と彼をめぐる人々は、どのように闘い、人を愛し、生きていくのか――それぞれが何かを抱えながら、誰かのために生きる感動の姿が描かれる。

映画「3月のライオン」は、「前編」が2017年3月18日、「後編」が4月22日、2部作連続・全国ロードショー。