写真提供:マイナビニュース

写真拡大

神木隆之介主演の映画『3月のライオン』(前編2017年3月18日、後編4月22日公開)予告編第1弾が15日、公開となった。

同作は、漫画家・羽海野チカによる同名コミックを実写化。中学生という若さで棋士としてデビューし、東京の下町で一人暮らしをしている桐山零(神木隆之介)を主人公とし、将棋や下町の人々との交流を通じて、心のどこかで空虚を抱えている零がさまざまな思いに直面していく様を描く。

今回公開となった予告編第1弾では、幼少期の主人公・桐山零が、交通事故で失った両親と妹の葬式の場で、プロ棋士・幸田(豊川悦司)に「君は将棋、好きか」と問われるところから始まる。

「家も家族も居場所も何もない」という零が、川本家の3姉妹(倉科カナ、清原果耶、新津ちせ)や、ライバル棋士の二海堂晴信(染谷将太)、高校教師の林田高志(高橋一生)など、様々な人物と心を通わせていく様子が描かれる一方、義理の姉・香子(有村架純)に激しく罵られるシーンも。また、零を導くプロ棋士・島田(佐々木蔵之介)や、"神様の子供"宗谷冬司(加瀬亮)など、零をとりまく棋士たちの姿も確認できる。

「将棋しかねーんだよ! …強くなるしか…」という零の叫び、「すべて将棋に奪われた」と泣き叫ぶ香子、泣き崩れる後藤(伊藤英明)、静かに涙を流すあかり(倉科)、学校で事件に巻き込まれたひなた(清原)など、登場人物の"涙"が大きくクローズアップされた予告編となっている。