安全性は?

写真拡大

米軍の新型輸送機オスプレイが13日(2016年12月)夜、沖縄県名護市沖の浅瀬に不時着して大破した事故で、在沖縄米軍トップのニコルソン四軍調整官がきのう14日(2016年12月)、抗議に訪れた安慶田副知事に「パイロットは県民や住宅に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」と発言した。

このオスプレイは沖縄本島の20〜30キロ沖で空中給油の訓練中に、プロペラが給油機のホースに当たって機体が「不安定」になったため、帰還目的地を普天間基地からキャンプハンセンにかえて不時着したと米軍は説明している。名護市沖の浅瀬にはちぎれた機体が浮かぶ。60メートル先には民家がある。

安慶田副知事はニコルソン調整官にオスプレイの飛行中止を求めたが、「謝罪はまったくありません。植民地意識丸出しでした」という。記者会見でニコルソン調整官は事故を「遺憾に思う」と述べたが、パイロットの操縦を「人に被害を出さないように普天間への経路を変更したのはいい判断だった」と、身ぶりをまじえて力説した。

別の1機は基地に胴体着陸、オスプレイ飛行を一時中止

同じ日にべつのオスプレイ1機も普天間基地に胴体着陸した。ニコルソン調整官は「トラブルはあったが、安全な着陸だった」としている。米軍はオスプレイの飛行を一時中止した。

オスプレイは開発段階からトラブルがつづき、去年5月にはハワイで炎上し、海兵隊員2人が死亡した。

司会の夏目三久「安全性については、どう考えますか」

竹内薫(サイエンス作家)「飛行機とヘリコプターのいいとこ取りなのですが、懸念は以前からあった。原因を究明してからでないと配備はむずかしいのではないですか」

オスプレイは横田基地に駐機が確認され、日本上空に訓練ルートも設定されている。陸上自衛隊は18年度から17機を順次導入することになっている。