松江沖の漁船転覆 犠牲になった男性の友人「寒かったやろう」と涙

ざっくり言うと

  • 松江沖の漁船転覆で犠牲となった男性について、友人が語っている
  • 男性は若い頃、「いつか自分の船を持ちたい」と夢を話していたという
  • 「寒かったやろうな、苦しかったやろうな」と友人は目を腫らした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング