写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDCフロンティアは12月15日、福岡県北九州市にある同社データセンター「北九州データセンター」の6号棟が竣工し、2017年1月より稼働開始すると発表した。

近時、自社サーバルームや既存データセンターの設備老朽化に伴う移設を行う企業が増えている。また、オンラインゲームや動画配信、SNSなどインターネットサービスの伸長による拡張能力の高いデータセンターやクラウドサービスへの移行も進んでおり、企業のIT部門やサービス提供事業者は、信頼性が高く拡張能力を有するITインフラの選定が課題だという。

北九州データセンターは、クラウドサービスにおいて西日本地域の最大拠点として、1000km以上離れた東日本地域のクラウド間で自社の閉域網を用いた無料接続を提供している。データセンターサービスにおいても東京・大阪に集中するシステムの地理的分散や電力供給会社の分散を実現し、将来の拡張余力をシステム選定の条件とした大規模案件やメインサイトの移設・分散など事業継続や災害対策の需要にも応えている。

同データセンターは2008年9月に竣工したが、今回2016年2月から建設を進めていた6号棟が完成した。同棟は約610ラックを備え、全棟では約3340ラック規模、15万台以上のサーバを収容できる能力を有している。また、サーバから出る排熱を冷やすための空調ユニットに水冷空調システムを採用しており、従来のデータセンターでは一般的な空冷空調システムと比較して、高負荷時の空調電力抑制が見込めるという。

IDCFでは、データセンター事業を基盤としたクラウド事業の拡大を推進しており、クラウドでデータを処理するだけでなく、「データ集積地」(データも集積するセンター)となるべくビジネスモデルの変革を進めている。今後は、IoTによるデータ収集や集積されたデータの分析基盤構築なども推し進め、価値あるデータを作り出すセンターとして展開していくとしている。

北九州データセンター6号棟の概要は以下の通り。

(山本明日美)