【専門誌では読めない雑学コラム】
■木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第84回

 ゴルフを盛り上げるには、やはり一緒にラウンドする仲間たちとスコアを競うゲームをするのが一番です。そのとき、金品を賭けるのはいけませんが、"賭け"そのものは、ケースバイケースだと思います。つまり、賭博性の強い"賭け"と、実力勝負の"ニギリ"は、やや違うと理解しております。

 ゴルフの"賭け"で一番よくないのは、客観的に勝負予想をすることです。俗に「トトカルチョ」と言われているやつで、例えばコンペの参加者を競馬の競走馬に見立てて、優勝者と準優勝者を連勝複式で当てさせるとか、ですね。これはもう、完全に「偶然性のある勝負」ですから、賭博に当てはまります。

 一方"ニギリ"の場合、プレーヤーが同伴メンバーと腕前を競うケースがほとんどで、ハンデキャップがありつつも、実力の勝負です。もちろん、お金を賭けるのは禁じられていますが、その勝負は賭博になるのでしょうか。

 刑法185条の賭博罪では、こう規定されています。

「賭博をした者は、50万円以下の罰金、または科料に処する」

 ただし、これには但し書きがあります。

「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない」

 これをどう解釈するかですが、昼メシやドリンク程度の賭けは、おとがめないと理解していいのではないでしょうか。実際、「これらの物の費用を負担させるために、金銭を支出させた場合、賭博罪を構成しない」という判例・通例があります。つまり多くの場合、食べ物を賭けて、その食べ物代としてお金を払うのは、賭博罪とは言えないのです。

 繰り返しますが、現金そのものを賭けの対象にした場合は、賭博罪です。だから、みんな「チョコレート」と言って、食べ物を賭けているのですね。そのチョコレートの値段がいくらなのか、私は知りませんけど......。

 そんなわけで、今回はゴルフにおける、さまざまな"お遊び"の方法を紹介します。もしよかったら、エンジョイ・ゴルフライフの参考にしてみてください。

◆ハーフ・ナッソー
 最もポピュラーな、プレーヤー同士による"ニギリ"のお遊びです。勝負は普通にスコアを競うものですが、前半のハーフでひと勝負、後半のハーフでひと勝負、そして最後にトータルのスコアによる勝負という、3回戦制です。

 これなら、前半で負けても、後半に奮起すれば引き分けになります。しかも勢いがつけば、トータルで勝てる可能性も膨らんで、逆転勝利もあるという非常に人気の高い遊び方です。

 ちなみに「ナッソー」の意味ですが、1900年、ニューヨークにあるナッソー・カントリークラブのクラブキャプテン、タッパンさんという人が考案したからなんだとか。ならば、本来は考案した人の名前をとって「タッパン」のほうが正しいと思うんですけどね。まあでも、言いやすいから「ナッソー」でいいか。

◆タテ・ヨコ
 これも、"ニギリ"の基本です。タテは、ストローク勝負で競います。ヨコは、マッチプレー勝負で、1番ホールから勝ち、負け、引き分けを競います。ヨコはマッチプレーですから、1ホール大叩きしても挽回できます。

 けど、負けるときは、大概タテ・ヨコ両方とも負けることが多いです。両方ニギルと、晩飯代でも収拾がつかないほど、負けが膨らむことも......。初心者は、どちらか一方を選んだほうがいいです。

◆オリンピック
「金・銀・銅」とも言われるお遊びで、パッティングの勝負となります。グリーンにボールが乗ったあと、最も遠い場所から直接カップインした人が金メダル、2番目に遠かった人が銀メダル、以下、3番目が銅メダル、4番目が鉄メダルの受賞となります。

 通常は、金メダルが4ポイントで、以下、銀が3ポイント、銅が2ポイント、鉄が1ポイント。グリーンの外からカップインした場合は「ダイヤモンド」と言って5ポイントとなります。そしてラウンド終了後、各ホールのポイントを集計して、順位づけや勝ち負けなどを決めます。

 パターは誰でもできるので、初対面の方とも競えるし、「100」前後の方でも、シングルさん相手に勝てる可能性も高いので、人気があります。

◆おともだち
 これは、ティーショットを打ったあと、飛んだボールの位置の近い者同士が仲間となって、ホールごとでダブルスを組んでスコアを競うゲームです。

 例えばパー4のホールで、私と私の近くにいた仲間がともにパーで上がった場合、そのホールの得点は「44点」となります。相手側のふたりがともにボギーなら「55点」となって、その点差がポイントとなります。つまり、スコアの少ない私が「11点」の勝ちとなります(※)。
※ふたりの合計スコアで計算する方法もある。例えばパー4のホールで、あるペアのふたりがパーなら「8点」となり、もうひとペアのふたりがボギーなら「10」となって、少ないほうのペアが2ポイント獲得。

 もし相手側のふたりがダブルボギーとボギーなら、少ないスコアのほうを10の位につけて「56点」。私は「12点」のプラスとなります。これもまた、ラウンド後に集計して、順位づけや勝ち負けなどを決めます。

 だから、いつもパーを取ってくれるような上手い人と組むことができるかどうかが、勝負の行方を左右するカギとなります。が、ティーショットを打ち終わるまで、毎回誰とおともだちになるかわかりません。そこが面白いところです。

 今の友は、次のホールの敵――まあ、そんなところです。

◆ポイントターニー
 ようやく、まともなゲームの紹介です。これは今年、2本のクラブしか使用できない『二本選手権』で使用された競技方法で、バーディーが4点、パーが3点、ボギーが2点、それ以上はすべて1点として、総合得点を競うもの(※点数の付け方はさまざま)。

 ダブルボギー以上は、トリプルを叩いても、10を叩いても1点という計算で、大叩きした人に優しいルールです。マイナスの点数がないから、精神的には実にリラックスしてゲームを楽しめます。

◆オネストジョン
 これは、自分のスコアを当てるゲームです。コンペのサブゲーム的な扱いでやると、結構盛り上がります。

 例えば、その日の調子とコースの難しさからして、自分のスコアを「92」と予想します。そして、上がってきたスコアが「94」だったとしたら、その差となる「2点」がポイントとなります。ポイントは少ないほどよく、予想スコアどおりで上がってくれば「0点」で、その人の優勝となります。

 最初に「100」と予想して、最終ホールで7パットなどしてスコアを調整するような、姑息なマネはしないでくださいね。あくまでも、潔く、ベストを尽くす、というゲームですから。

 参考までに言いますと、オネストジョンの由来は、命中精度の高いミサイルの名から来ているそうです。そもそも、米軍のジョンという新兵が命令に忠実で「オネストジョン(正直なジョン)」とあだ名をつけられ、そこからミサイルの名になったとか。

 それが、果てはゴルフゲームの名前に変遷......。最初に名前をつけられたジョン君も、自分の名前がこれだけ広がるとは思ってもみなかったでしょうね。

 さて、みなさん、楽しめそうなゲームはありましたか? 改めてご忠告申し上げておきますが、ここに挙げた"お遊び"はあくまでも場を盛り上げるための、良識あるゲームですから、その点はお忘れなく。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa