防弾少年団、冬ファッションのグラビアを披露「良い音楽はどんな方法でも認められるはず」

写真拡大 (全2枚)

防弾少年団がカリスマを誇った。

最近公開されたグラビアで、防弾少年団のRAP MONSTER、SUGA、J-HOPE、ジミン、ジョングクの5人のメンバーは、レザージャケットから冬によく似合うコート、彼氏ファッションを完成するタートルネックニットまで、各自それぞれ異なるスタイルの衣装を着こなした。メンバーに最もよく似合う特別なコンセプトのグラビアに、主人公として登場した。

最近多くの愛を受けた「血、汗、涙」の活動を終え、授賞式ごとに大賞をさらっている防弾少年団は、歌の作業、練習、活動、公演と、歯車のように繰り返される日程が退屈ではないのかという質問に「やりたかっとこと、あまりにも好きなことなのでとても楽しいと思っている」として、感謝の気持ちを表した。

特にRAP MONSTERは、「ただしタイトなスケジュールに少し疲れると、頭の中で誰かが歌を書けと言う」と付け加えた。

防弾少年団としての活動はもちろん、ソロ活動や直接曲作りをする作業にいたるまで、様々な作業に参加する彼らに、アイドルとミュージシャンの間のアイデンティティに対する悩みについて質問すると、すぐにSUGAは「良い音楽はどんな方法でも認められるはずだ。アイドルとミュージシャンという境界線なしで、僕たちはただ音楽をする人で、良い歌をたくさん作ることに対して悩む」として、ファンに毎回より素敵な音楽を聴かせてあげたいという自信と情熱を見せた。

「今回のコンセプトは拒否することができない誘惑だ」と話し始めたジミンは、メンバーが認めた最もセクシーなメンバーらしく、「コンセプトに似合うステージのために、僕がいつ最もセクシーなのか考えた。他のメンバーは曲の作業や振り付け練習で自分の仕事に集中する時などがカッコよく見えると答えるだろうが、僕は目が腫れている時が一番セクシーだ」として、隠してきた自身のセクシーポイントを冗談を交えて明らかにした。

防弾少年団は、宿舎生活に対して不便だと考えたことがないと話した。かえって別々に住むことになれば、どれくらい不便だろうかと心配するとのこと。それでも時には1人でいる時間が必要ではないのかという質問に、RAP MONSTERは「ヘッドフォンをつけてゲームに熱中したVが大声を出すときは、真剣に一人暮らしを考える」と笑って答えた。

特に末っ子ジョングクは、「ジャンケンに勝ったおかげで、一人部屋を唯一使っている。幸せだ」と言って、ステージでのカリスマ性あふれる姿から抜け出し、お茶目な少年の姿を見せた。

防弾少年団のグラビアとインタビューは、「Singles」1月号に掲載されている。