EXO、タイトル曲「For Life」で年末の音楽祭を魅了…ロマンチックなポップバラード曲

写真拡大

EXOが、ロマンチックなバラード曲「For Life」で年末の音楽祭を魅了する。

2016年冬のスペシャルアルバムのタイトル曲「For Life」は、甘いピアノの旋律と美しいストリング演奏が交わったポップバラード曲で、“一生一人の女性だけを見つめる”という内容の歌詞がロマンチックな映画のワンシーンを連想させるだけに、熱い話題を集めることと期待される。

今回の曲は、去年発表され大いに愛された冬のスペシャルアルバムのタイトル曲「Sing For You」で最高の呼吸を見せたヒット作曲家KenzieとMatthew Tishlerがタッグを組み、EXOのウィンターバラードソングとしてグローバル音楽ファンたちを再度魅了する見込みだ。

また、19日0時、MelOn、genie、NAVER MUSICなど各音楽配信サイトから公開される今回のアルバムには、R&Bバラード、フュージョンヒップホップ、アップテンポポップR&BなどEXOの一層濃密になった冬の感性に会える多彩な5曲が収録され、高い関心を集めることと予想される。

EXOは15日0時、公式サイトから冬の雰囲気漂う魅力的な姿に変身した各メンバーの予告イメージを公開し視線を引きつけ、ウィンターアルバムへの期待がさらに高まっている。

EXOの2016ウィンタースペシャルアルバム「For Life」は、19日音楽配信サイトと店頭で発売される。